体全体どこでもつります

体全体どこでもつります

こむら返りの”こむら”はふくらはぎのことです。ふくらはぎのつりだけが特別に、こむら返りという名称がつけられていますが、実は筋肉のあるところ、神経のあるところであればどこでも”つる”可能性はあります。実際、思わぬ瞬間に思わぬ部分がつったという方も多いと思います。

 

しかし、あんなにちょっとしたことですが、”つる”という行為はなかなかパンチがありますよね。傍から見ると、外観に何の変化もなくただ「あっ!」と言ったかと思うとしばしの沈黙があり、暗黙のうちに「あ、つったな」と空気で読めてしまう辺り、正に空気が喋る瞬間です。

 

こんな筆者ですが、一番パンチがあった”つり”体験は、ヨガをしている間に、インストラクターから「前屈をして思いっきりお腹にある空気を吐き出して下さい」と言われ素直に前屈をしてお腹の空気を吐き出した瞬間・・・、ピキッと来ましたね、ピキッと。ちょうどみぞおちの辺りがつったのです。おっと、これは何だろう!?これって・・・。初体験で頭の中で???が駆け巡りました。これも時間にするとほんの数秒の出来事だったろうと思いますが、お腹の奥がつる初体験は冷や汗が出て来てしまいました。普段使っていない内側の筋肉の存在が実感できた瞬間でした。